あなたの心臓は大丈夫?健康寿命を延ばすために行うべき事とは!?

死亡数第2位!心疾患は増えてます

年々心疾患は増加傾向にあります。厚生労働省の発表によると、死亡数はガンに次いで第2位です。
突然の発症も多いため、特に40〜50歳以上の働き盛りの人は注意が必要です。

こんな症状の方は要注意

・食事が偏り気味
・動悸、息切れ、胸痛
・喫煙をする
・運動不足
・ストレスの多い生活をする
・親族が心疾患、生活習慣病に羅漢
・高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病がある


上記の項目に複数個当てはまる方は要注意です。
自覚症状の無い『隠れ心不全』が進行している可能性があります。
健康寿命を延ばすためには、まずは自分の心臓の状態を正しく把握することが大事です。
そのためには、NTpro-BNP検査が有効です。

NT-proBNP検査とは

心臓に負担がかかると分泌されるホルモン(NTpro-BNP)の量を調べることで、心臓の負担を測定する検査です。
NT-proBNPの数値は心臓に負担がかかり始めると上昇します。NT-proBNP数値が高い人は、低い人に比べて心臓病・脳梗塞・脳出血になる危険率が3~6倍に増えます。自覚症状のない初期の段階に検査し、心臓の状態を知ることが大切です。

GMEのNT-proBNP検査の特徴

  • 登録衛生検査所で臨床検査技師が検査を行います。このため、検査の精度は病院や保健所等と同じ精度です。
  • GME は郵送検査会社で唯一、365 日検査を実施しています。検査キットの発送、結果の確認、検査技師への相談も年中無休で対応可能です。
  • 検査結果は、最短で検体到着日の翌日にわかります。
  • 料金は、検査キット購入時の支払いだけです。検体返送料や、検査結果書面の郵送に追加料金は掛かりません。
  • 検体は、検査キットで血液を採取後ポストに投函するだけです。
  • 支払い方法は代引き、クレジットカード、銀行振込の他、商品受け取り後に支払う後払いも可能です。
心疾患リスク検査キット

心不全は症状が出るころには、かなり重症化していて治療が困難になっているケースがあります。自覚症状のない『隠れ心不全』のうちに治療を開始し、症状を進行させないことが重要です。

GMEの郵送検査なら365日いつでも検査申し込みが可能です。結果もすぐ出るため、生活改善にすぐに取り掛かることもできます。